So-net無料ブログ作成

最近、再びプールに通い始めましたw [健康]

1人暮らしを始めて9か月。
やっと生活のリズムに余裕ができましたw

プールは市営で運動公園にあります。
アクセスは市営バスが走ってまして、ボクが住んでる最寄りの駅から6停留所で歩くと結構あるんです。
去年の秋は、散策がてら運動公園まで歩きました。
そのうち、冬がきて・・・寒くなって・・・><

室内温水プールですので年中やってますし週3回は行きたいですね。

去年の秋、数回プール行ったんですが、お金を使ってしまってもったいないなと・・・と言ってもジュース代くらいなものですがw
もったいない精神でやってきて9か月w
ジュースじゃなく、麦茶(60パック入り)を買って家で煎れて生活してます。
以前は1日にペットボトル500ml、2・3本をコンビニで買って暮らしてたのでえらい違いですねw

もちろん、プールには水筒、おにぎり持参でいきます。
先日は野球を観戦しながらの昼食とりました。
社会人野球でしょうか川越vs羽生でゲームしてました。
明日はプールに行きますが、昼食時に野球のゲームしてればいいなぁ~w










タグ:水筒

電子タバコ アメリカで中高生180万人 日本規制なし [健康]

『たばこ』の害というと、まず浮かぶのが「ニコチン中毒」「煙害」である。


ニコチンは化学物質としては毒物として指定されている。たばこの葉に含まれ、強い依存性がある。

また、ニコチンは強い血管収縮作用があるため毛細血管を収縮させ血圧を上昇させるのです。

中毒性があり、子供が誤ってたばこの葉を食べたりすると中毒を起こし、死に至ることがある。

ニコチンそのものには発がん性は認められていませんが、ニコチンが分解・代謝されることによって生み出されるニトロソアミン類は発がん性があることが知られている。


煙害は、吸ってる人はもちろんのこと、まわりの人も煙を肺に直接入ってくる。

当然、肺が黒くなり、肺がんのリスクも高くなる。


10年前には、おれも、たばこ吸っていました。

1日1箱以上とかなりヘビースモーカーの仲間入りとなっていたのです。

骨折で入院した時、禁煙を誓ったときもありましたが、1か月も守れませんでした。

吸いたくなったら、ガムを噛んでしのいでいましたw


『電子タバコ』は、日本ではニコチンの入ってない電子タバコが売られている。

そのため、日本では未成年は購入禁止という規制がありません。

アメリカでは200万人の中高生が電子タバコを吸っています。

欧米ではニコチン入り電子タバコが購入できますんで健康被害が無いといえば嘘になります。

ただ、たばこを吸ってる人が、減らすためにニコチン入り電子タバコを吸うのはいいと思います。

現在たばこを吸っててやめたい人、この電子タバコがおすすまです。


日本では規制が無いのは、『たばこ』とは葉タバコを使って製造たばこであって、『電子タバコ』とはべつものであるということである。


日本ではニコチンは医薬品であるから薬事法の関係上、ニコチン入り電子タバコが購入できないが、規定数量での個人輸入は可能である。


ニコチン入り電子タバコが販売されるのは時間の問題だ。

その前に未成年の購入規制法があることが望まれます。



そろそろ鼻が・・・。花粉が飛んで・・・。 [健康]

まだまだ寒気が日本にきてますが、花粉が心配です。

俺は毎年、花粉症対策マスクが欠かせないです[たらーっ(汗)]

花粉症の薬は貰ってるんですが、目が赤く、鼻もくしゃくしゃ[もうやだ~(悲しい顔)]

それに加えて中国からの大気汚染でpm2.5とやらがやってくる。

中国でも大気汚染が問題になってますが、なんとかならないかな[ちっ(怒った顔)]

花粉には、マスク&花粉対策メガネが必需品ですね。準備はお早めに。

楽天サイト











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。